IT企業に新卒で入社した私が退職をした理由。【転職活動】

こんにちは。ルナです。

突然ですが筆者ルナ、この度転職が決まりました〜!!!

転職活動を通して、結果としては嬉しさが大半を占めてますが、辛いことももちろんありました。

今日は退職や転職を考えている方に何か参考になればいいな〜と思い、この記事を公開することにします。

目次

退職を考え始めたきっかけ

退職を考え始めた一番初めのきっかけは、自分のキャリアプランを見直したことです。

初めのきっかけは、以下のような内容の記事を見た、という些細なことでした。

令和という時代が始まって、より一人一人の多様性が尊重されるようになって

さらにコロナ禍も相まって自由な働き方の選択肢が増えました。

フリーランスや個人事業主の割合も増えましたよね。

会社員も場所や時間の制限なく、自分で働き方が選べるようになることは、ワークライフバランスを整えられることが最大のメリットだと思います。

ですが、そのような働き方は今までの時給雇用から、ジョブ型・成果型の雇用へシフトすることにつながります。個人に対してそれ相応の成果が求められる会社がどんどん増えていきます。

私の会社もまさにこのような成果型へシフトしつつありました。

みんなが自由な働き方ができる企業を求めれば求めるほど、そりゃ企業も高いレベルの人材を求めますよね。

そういう時代に変化していく中で、

「自分はこの仕事を定年まで続けられるのかな?」

「成果を出し続けるために、この業界で学び続ける覚悟はあるのかな?」

そのように疑問に感じたことが、転職活動のきっかけでした。

私は入社時、好きなことや得意なことよりも「安定」した業界、会社を選んでしまったから、かもしれないです。

割と大きな会社に入ることで、結果的に福利厚生や給与レベルは必要十分以上でしたが

個人でも食べていけるスキルを求められる今、仕事を好きでやっている人には勝てない、という危機感がありました。(仕事量やモチベーションの観点から)

この先、一つの会社で定年までというのも難しくなってます。

私のように、正直今の仕事が好きとは言えず、このままのキャリアを続けることに疑問を持った方がいたらキャリアプランの見直しを考えるのをおすすめしたいです。

結果的に転職が成功して、私は今とても未来にポジティブになれていますので

このブログで少しでも経験談をお話しできればと思います!

転職活動の第一歩【エージェント選び】※超重要

私はとりあえず初めに転職エージェントに登録しました。

一応、気になる会社や業界はマイナビやリクナビでも見てましたが

この時点でも仕事を続けていたのでガッツリ調べる余裕はありませんでした。(しかもこの期間、残業60h近くやってました…)

登録した転職エージェントは以下の通りです。<>内は使ってみた感想です。

  1. マイナビジョブ20’s <20代特化型>
  2. doda <掲載数豊富>
  3. マイナビクリエイター <IT・Web・ゲーム業界特化>
  4. パソナキャリア <パーソナルサポート厚め>
  5. リクルートエージェント<面接対策しっかり・個人のサポートは最小限>

お気に入りのところがあればそれだけでもOKだと思うのですが、私は特にこだわりもなく、どこがいいかもわからなかったので全部登録しました笑

結果として、自分で使ってみてから「このエージェントさん良い!!」って思ったところだけに絞れたので、相性を見極めるためにも複数登録がベストだと思います。

また別の記事で詳しく書きたいと思いますが、前述の中で個人的に良かったエージェントさんは下記の通りです。


マイナビジョブ20’s <20代特化型>
doda <掲載数豊富>
マイナビクリエイター <IT・Web・ゲーム業界特化>

※内定いただいたのはマイナビジョブ20’s さん、dodaさん、マイナビクリエイターさんでした。お世話になりました!!!

エージェントを登録してかなり良いのは、「転職活動って何からすればいい…?」というところから「内定後の会社とのやりとり」まで全部サポートしてくれるところです。

仕事をしながら転職活動した私にとっては本当に神でした…

新卒の時はエージェントを利用しなかったので、ちゃんと自分に合った会社をおすすめしてくれるか不安でしたが、

結局何千社、何万社の求人を見ていくのは難しいし、私(素人)が会社の良し悪しを判断するよりもエージェントさんが持ってきた求人のほうが質が高かったです。(大手企業の求人も沢山あります)

ただ結局のところエージェントの担当者さんとの相性も多少あるので、2〜3社エージェント登録して、後から厳選するのがベストです!

転職先に内定をもらうまで

私は前述の3社エージェントを通して無事内定をいただき、現在新しい会社で、新しい社会人人生をスタートさせています。

書類選考はひたすら使いまわした履歴書を送るだけですが、仕事をしながらの企業分析、面接は正直大変でした。

フレックス制度や有給があまり取れない会社の方は、やはり時間がないことに悩むと思います。

そんな中で私が特に助かったのが、エージェントさんに志望動機の添削、面接対策、企業分析をお願いできたことです。

特に複数社受ける場合は、その会社をなぜ志望するのか、自分がどのように活躍できるかを各社分準備しなければいけないのですが

私は調べる時間も十分に取れなかったので、エージェントさんに「この会社について詳しく載ってるHP等教えてください!」と頼んじゃってました。

エージェントは大手であれば各企業の担当者さんがいて、例えばA社の転職情報を豊富に持つA社担当者さんがいたりします。

自分が調べきれなかった企業情報の取得をサポートしてくれるので、時間がない方だけでなくしっかり準備したい方の安心材料にもなりますね。

エージェントを通すと直接応募より確率低いという噂を聞いてましたが、複数社問題なく選考進めてたので単なる迷信かなと思います。(私の体感ですが)

むしろ私よりエージェントさんの方が気合いが凄かった(笑)ので、たくさん応援してもらえましたしメンタル面も嬉しかったです。


マイナビジョブ20’s <20代特化型>
doda <掲載数豊富>
マイナビクリエイター <IT・Web・ゲーム業界特化>

最後に

今回は私が退職を決めた理由と、転職の第一歩で始めたエージェント選びについてご紹介しました。

それぞれのエージェントの詳しい特徴や体験談については、別途記事にする予定です!

ブックマーク登録、ツイッターのフォローをお願いします◎

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる